根岸病院の看護師は、こんな気持ちで日々患者さまと接しています。

●SST(生活技能訓練)
SSTでは、ハッキリとした口調で簡潔にまとめて伝えること、わかりやすい表現と動作でテンポよく行うこと、しっかり褒めることを心がけています。そして患者さまに考えてもらい、見てもらい、真似てもらって、繰り返す。一時間集中するのも困難なグループもありますが、こうしたアプローチを継続することによって、人間と交わる楽しさや認め合うことの心地よさを体験してほしいと思います。守られた空間の中でこそスキルと自信が得られると実感しています。

●訪問看護
私は根岸病院に入職して、初めて訪問看護に携わりました。最初は患者さまに受け入れてもらえるか不安でしたが、患者さまは笑顔で「これから宜しく」と言ってくださいました。
訪問看護は患者さまの生活の場に伺います。暮らしの中には病棟では知り得ない患者さまの様子があります。無駄使いしないようにきっちり金銭管理をしていたり、自分なりにチェック表を作り、服薬管理をしていたり…。
そんな患者さまの『力』を発見した時は、とても新鮮な気持ちになります。患者さまの生活を知ることで、病棟の患者さまにも『退院後の生活』をイメージした関わりができるのではないかと思います。
病棟勤務と訪問看護の両立は、時に大変に感じることもありますが、白衣ではない姿で患者さまに会いに行くことは、私にとっても良い気分転換になっています。「また今度ね」と見送ってくれる患者さまの笑顔にパワーをもらっています。

< BACK 各部門のご紹介
TOP
NEXT >
医療法人社団 根岸病院
〒183-0042 東京都府中市武蔵台2-12-2

●代表
042-572-4121
info@negishi.or.jp

●採用に関するお問い合わせ
042-572-4185 <総務課>(9:00〜17:00)
saiyou@negishi.or.jp

●初診に関するお問い合わせ
042-572-4646 <直通>(9:00〜17:00)

●認知症疾患医療センター
042-572-4171 <直通>(9:00〜17:00)

●公式facebookページは、こちら
サイトマップ 個人情報
保護方針
患者さまの
権利と義務
リンク集

2015
Copyright © Negishi Hospital. All Rights Reserved.

根岸病院の看護師は、こんな気持ちで日々患者さまと接しています。

●SST(生活技能訓練)
SSTでは、ハッキリとした口調で簡潔にまとめて伝えること、わかりやすい表現と動作でテンポよく行うこと、しっかり褒めることを心がけています。そして患者さまに考えてもらい、見てもらい、真似てもらって、繰り返す。一時間集中するのも困難なグループもありますが、こうしたアプローチを継続することによって、人間と交わる楽しさや認め合うことの心地よさを体験してほしいと思います。守られた空間の中でこそスキルと自信が得られると実感しています。

●訪問看護
私は根岸病院に入職して、初めて訪問看護に携わりました。最初は患者さまに受け入れてもらえるか不安でしたが、患者さまは笑顔で「これから宜しく」と言ってくださいました。
訪問看護は患者さまの生活の場に伺います。暮らしの中には病棟では知り得ない患者さまの様子があります。無駄使いしないようにきっちり金銭管理をしていたり、自分なりにチェック表を作り、服薬管理をしていたり…。
そんな患者さまの『力』を発見した時は、とても新鮮な気持ちになります。患者さまの生活を知ることで、病棟の患者さまにも『退院後の生活』をイメージした関わりができるのではないかと思います。
病棟勤務と訪問看護の両立は、時に大変に感じることもありますが、白衣ではない姿で患者さまに会いに行くことは、私にとっても良い気分転換になっています。「また今度ね」と見送ってくれる患者さまの笑顔にパワーをもらっています。