開放病棟は急性期症状を脱し、
安定した患者さまが再び社会へ戻っていく準備をする方が多く入院しています。

退院後の環境は患者さまそれぞれで違い、必要としている看護やサポートも全然違ったものです。そのため、入院中から他職種と情報交換をし、患者さまそれぞれの方向性を共有し、さまざまな場面から退院へ向けてのサポートをいていくことが必要になります。

患者さまそれぞれの背景を踏まえ、他職種で連携し、ケアを続けた後に患者さまが「ありがとうございました」と退院していく姿を見ることができると嬉しく思います。また、今後の生活などの不安を抱えている方も多く、不安定になってしまう方も少なくありません。

看護は、できる限り寄り添い、気持ちを表出できる環境を整えることも役割のひとつだと考えます。開放病棟は外出などの自由が多い病棟ですが、だからこそストレスを感じている方もおります。外で受けたストレスの表出をしやすい環境に整え、入院中にその対策を一緒に考えて、退院後の生活に備えていくことも必要です。

中には長期で入院している患者さまもおりますが、より快適に生活できるように、環境を整え、生活の質を維持していくことも大切な役割だと思います。

入院生活では不都合なこともありますが、できる限りその人らしく生活できるようにサポートしていくことも必要です。
看護師は、医療者の中でも患者さまと接する機会が多く、長期の患者さまの中には関係が密になることもあります。
もちろん患者さま・看護師間での適切な距離を保つことが前提ですが、看護師全体としてだけではなく個人として必要とされることもあり、看護師としてよりよい看護ができるように学んでいこうと思います。

開放病棟では、患者さまの今後の生活スタイルに合わせた介入や、サポートが必要になります。だからこそ個人によりケアが異なり、他職種との連携に方法も異なり、さまざまな方向性を考え共有する必要があります。

個人にあった方法を考え実践し退院へ、その先の生活へ。その援助の一部になれることへやりがいを感じています。

< BACK 外来と入院の
ご案内 TOP
NEXT >
医療法人社団 根岸病院
〒183-0042 東京都府中市武蔵台2-12-2

●代表
042-572-4121
info@negishi.or.jp

●採用に関するお問い合わせ
042-572-4185 <総務課>(9:00〜17:00)
saiyou@negishi.or.jp

●初診に関するお問い合わせ
042-572-4646 <直通>(9:00〜17:00)

●公式facebookページは、こちら
サイトマップ 個人情報
保護方針
患者さまの
権利と義務
リンク集

2014
Copyright © Negishi Hospital. All Rights Reserved.

開放病棟は急性期症状を脱し、
安定した患者さまが再び社会へ戻っていく準備をする方が多く入院しています。

退院後の環境は患者さまそれぞれで違い、必要としている看護やサポートも全然違ったものです。そのため、入院中から他職種と情報交換をし、患者さまそれぞれの方向性を共有し、さまざまな場面から退院へ向けてのサポートをいていくことが必要になります。

患者さまそれぞれの背景を踏まえ、他職種で連携し、ケアを続けた後に患者さまが「ありがとうございました」と退院していく姿を見ることができると嬉しく思います。また、今後の生活などの不安を抱えている方も多く、不安定になってしまう方も少なくありません。

看護は、できる限り寄り添い、気持ちを表出できる環境を整えることも役割のひとつだと考えます。開放病棟は外出などの自由が多い病棟ですが、だからこそストレスを感じている方もおります。外で受けたストレスの表出をしやすい環境に整え、入院中にその対策を一緒に考えて、退院後の生活に備えていくことも必要です。

中には長期で入院している患者さまもおりますが、より快適に生活できるように、環境を整え、生活の質を維持していくことも大切な役割だと思います。

入院生活では不都合なこともありますが、できる限りその人らしく生活できるようにサポートしていくことも必要です。
看護師は、医療者の中でも患者さまと接する機会が多く、長期の患者さまの中には関係が密になることもあります。
もちろん患者さま・看護師間での適切な距離を保つことが前提ですが、看護師全体としてだけではなく個人として必要とされることもあり、看護師としてよりよい看護ができるように学んでいこうと思います。

開放病棟では、患者さまの今後の生活スタイルに合わせた介入や、サポートが必要になります。だからこそ個人によりケアが異なり、他職種との連携に方法も異なり、さまざまな方向性を考え共有する必要があります。

個人にあった方法を考え実践し退院へ、その先の生活へ。その援助の一部になれることへやりがいを感じています。